不動産投資は他の投資に比べて予測しやすい

不動産を運用するときの知識として、いくつか、あります。
投資用物件の価格は建物の築年数や広さ、間取り、設備、建っている環境等によって決まり社会の状況などによっても変わってきます。
そして不動産を投資として運用することは他の株式や為替などの投資に比べてリターンを予測しやすくなっています。
収入の1つである売買差益(キャピタルゲイン)の場合、将来の価格は社会状況や築年数、利益率、融資関係など個別の要因で決まってきます。
これらの知識を持つことで、ある程度、未来の価格を予想することができ、売却する場合などは計画を立てやすくなります。
そして家賃収入などの(インカムゲイン)の場合は収入と支出の変化を、ある程度、把握することで予測できます。
例えば収入では空室率や家賃の下落率、支出では税金や修繕費などで、これらを調べることで中長期の予測を立てやすくなります。
これらのことは不動産を運用する際、知っておいたほうが良い知識です。